人にやさしいツーバイフォー住宅は地球環境にもやさしい。

ツーバイフォー工法は合板やOSBなどの面材が防湿・気密材料のために、気密施工にむいた工法と言えます。また、外壁室内側の石こうボードの下側には全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(C値)を少なくでき、漏気による壁内結露などの問題もありません。

断熱性をより高めるツーバイフォー工法の構造躯体

結露は室内外の温度差や、温度の急激な変化などによって起こります。とくに壁の内部や小屋裏で発生しやすい結露は、木材の腐朽の原因となるだけでなく、カビの繁殖など、住まいにさまざまな悪影響をおよぼします。ツーバイフォー住宅は壁内に断熱材が充填されているため、室外と室内の温度差がゆるやかに緩和され、結露が発生しにくい構造となっていることに加え、小屋裏には軒裏換気、妻換気等を設けるなどして有効な換気方式を採用しています。また、一般的に断熱材の外側(外壁仕上げの内側)に通気層を設け、万一の漏水時の排水のためにも役立っており、耐久性を高めることとなっています。

▲断熱材の施工例
省エネルギー性

ツーバイフォーは省エネルギー住宅

経済性はもちろん、地球温暖化防止のために最近の住宅でますます重視されているのが省エネルギー性です。断熱性や気密性に優れ、より少ないエネルギーで快適な居住性を実現する"冷暖房効率の高い住まい"が求められています。面構造のツーバイフォー住宅は、構造自体が優れた断熱性・気密性をもち、さらにそれを高める技術が投入されている"省エネルギー住宅"です。

省エネルギー性