構造区画が明確な工法のため増改築が容易です。

スケルトン・インフィル

ツーバイフォー工法は面構造で壁式工法です。壁には耐力壁とそれ以外の壁の二種類あり、耐力壁以外は変更が可能です。 新築時に将来の増改築を考慮することで、リフォームもスムーズに行えます.

ツーバイフォー住宅のスケルトン・インフィルの考え方


スケルトン・インフィルとは、建築物を構造躯体と仕上げ、設備に分ける考え方で、住宅などの可変性を評価するキーワードになります。この考えは、あらかじめ住宅の耐用期間内の想定可能な間取り変更のニーズを予測して、新築時に動かせる壁とそれ以外との壁に分けて、また仕上げや設備の更新を考えてプランすることで可変性の高いツーバイフォー住宅が実現できます。また、間取りを変更する場合、床勝ち施工のツーバイフォー住宅なら合理的な施工が可能です。

ツーバイフォー住宅のスケルトン・インフィルの考え方

魅力的な設計の自由度

ツーバイフォー住宅は、設計面でも優れた特性をもっています。面構造で、しかも強固なモノコック構造のために、設計の自由度がきわめて高いことです。 たとえば柱のないスッキリとした設計で、広々とした大空間のある建物をつくることが可能です。

オーバーハング
スキップフロア
ビルトインガレージ

ツーバイフォー住宅の大空間


ツーバイフォー住宅は、設計面でも優れた特性をもっています。面構造で、しかも強固なモノコック構造なので、設計の自由度がきわめて高いことです。たとえば柱のないスッキリした設計で、広々とした大空間のある建物をつくることもできます。

耐力壁区画ケーススタディー

小屋裏(屋根裏)にもスペースができる


ツーバイフォー工法は、屋根を支えるための複雑な小屋組みは必要ありません。このため小屋裏(屋根裏)を収納スペースとして活用したり、屋根の勾配を大きくして採光用にドーマー窓などを設け、居室として利用することもできます。

小屋裏利用の断面イラスト